城東 関目・古市空手教室では空手道を通じて相手と対峙する強い心、機敏な動き、潔い振る舞いを目指しています。
道場では、空手の技術だけではなく、大きな声での挨拶から始まり、靴や鞄の整理、話をよく聞き、返事をする。これらを実践していきます。
じっとできない(静止できない)、だらだらと動作が遅い、まっすぐ人の顔や目を見れない、人の話を聞けない、空手の練習はこれらを少しずつでも改善できるものと考えています。

■ 団体正式名称と指導者

名 称:
日本空手道晴城会 関目空手道スポーツ少年団
代 表:
黒瀬 勝也
指導員:
小松 良匡 / 黒瀬 和美 / 金子 拓海 / 小松 秀羽 / 村中 美晴

※晴城会の指導員は会派の指導員有資格者、および、全日本空手道連盟の公認段位取得者です。

■ 加盟団体

空手団体は数多くあり、その参加団体によって、出場できる試合が異なります。
私達は以下の二団体に加入しています。
■ 大阪市空手道連盟
■ 大阪市スポーツ少年団 空手道部
※すべての練習生は、必要に応じて 全日本空手道連盟の会員、及び日本スポーツ少年団の団員(3才以上の幼児~中学3年生)に登録していただきます。
※晴城会の級&段位の取得に加えて、全日本空手道連盟の公認段位の取得も可能です。

■大阪市空手道連盟
(加盟会派名称:晴城会)
上位団体「(公財)全日本空手道連盟」(JKF)
全空連は内閣府認定、日本体育協会・日本オリンピック委員会加盟団体です。


公益財団法人 全日本空手道連盟

全日本空手道連盟近畿地区協議会

大阪府空手道連盟

※大阪市空手道連盟

■大阪市スポーツ少年団
(登録団名称:関目空手道スポーツ少年団)
上位団体「(公財)日本体育協会」
日本最大の青少年スポーツ団体です。様々なスポーツ団体が加入しています。


公益財団法人日本体育協会

日本スポーツ少年団

大阪府スポーツ少年団

※大阪市スポーツ少年団

■ 練習内容=伝統空手を練習しています。

【 空手のスタイル 】

空手には、伝統空手、フルコンタクト空手等、様々なスタイルの空手があり、それぞれすばらしい技術体系があります。
私たちは伝統空手を練習しています。 視線から始まり、呼吸、反応力、 技のスピードとタイミング、そして気迫を出すための練習を行います。
空手競技が2020年のオリンピックに採用されましたが、オリンピックルールにも通じる全日本空手道連盟(JKF)ルールでの練習を行っており、参加する試合&練習もそれに準じた内容となります。

【 形と組手を練習します 】

■形練習では決められた動作を繰り返し行い空手の基本動作を習得します。
■組手練習では実際に相手と対峙した技の攻防、距離感とタイミングを習得します。
※組手練習では安全の為、頭部、拳、胸腹部にプロテクターを装着して行います。
※防具をしていても頭部への強打撃は行いません。
※防具は「全空連」認定品となります。
他部位への打撃はあります。安全の為に防具を装着しています。

※私たちが行う練習とはどのようなものかは、下の画像をご覧ください。

■組手練習画像

組手に必要な動作の反復練習に加えて実際に相手と対峙し受けや攻撃の感覚を養います。
遠間から行う攻撃。相手のすばやい攻撃を受ける為の集中力、スピード、タイミング・距離感、反応力が重視されます。
もちろん、痛みに耐える精神力も必要です。


■形練習画像

形は空手動作の基本です。
相手から離れた距離から素早く飛び込んでポイントを取る組手とは異なり、接近戦での攻防が多く、掴まれてからの反撃、相手を掴んでからの攻撃、体捌きなどの動作を繰り返し行う練習方法です。
形試合では、技の正確性は勿論、スピード、気迫、気合を求められます。

■その他の練習画像